名古屋にて、家政婦をしていた時に私が実感した事。

以前、旦那の転勤で名古屋に移り住んでいる間、家事代行のお仕事をさせていただきました。名古屋に知り合いもいなかったので、時間を持て余していた私には、とても良いお仕事でした。私が担当した家族は、両親と小学生の子供が一人という家庭でした。両親が共働きで帰りが遅い為、夕方から夜までの数時間、家事と子供の面倒を見てほしいとの事でした。私の旦那も仕事の帰りが遅い為、私は夕方までに自分の家の家事を終わらせて、仕事に出掛けていました。具体的な仕事内容は、掃除、洗濯、子供の夕食作りで難しい事はありませんでした。

目の届かない部分や足りない部分を少しお手伝い

子供とも次第に仲良くなり、学校での出来事や中学受験中で算数が苦手なことや、名古屋の事などを、毎日嬉しそうに色々と話してくれました。両親が東京へ行ったりと忙しい為、子供なりに遠慮していたようで、そういう部分をカバーするのも私達家事代行の仕事なのだと実感しました。私と両親のやり取りはメールを使用していて、その日やった家事の内容や子供の様子などを毎日仕事終わりに報告していました。子供が話してくれたその日一日の学校での楽しかった出来事なども、なるべく細かくメールで伝える様にしました。子供と接する時間が短い両親には、それはとても感謝されました。目の届かない部分や足りない部分を少しお手伝いさせていただく、それが東京ではなく名古屋の家政婦の仕事です。もし自分だけでは大変だとお思いになる事が一つでもございましたら、一度利用してみても良いのではないでしょうか。